実践者プロフィール

2017-04-13

嶋崎万太郎(しまさきまんたろう) 双申株式会社 専務取締役

1979 年福井県生まれ。幼いころより家内経営が身近にあり、父の仕事を継ぐ事を意識する。愛知学院大学を卒業後、家業の後継ではなく起業を志し、ベンチャー企業に営業職として就職。

入社した会社はふたを開けると資金繰りに瀕し、待ったなしの状況。知識・経験・顧客なしの中で新規開拓を任され、苦難の末に基幹システム新規案件を安定し受託できるようになる。ここで、自社都合での営業は相手にとっては無価値であり、顧客の需要を掘り起こすヒアリングと、そこに至るまでの信頼関係の重要性を学ぶ。

退社後、愛知県で独立起業。営業時代に、顧客が興味を示した、販売サイトの構築、映像広告等を展開する。またもゼロから始め、失敗を繰り返しながら、ユーザーに届くためのマーケティングを現場で実践する。

東日本大震災を機に、後継を考えていた父親の経営セミナー事業に着手。福井に帰郷する。

セミナーをしながら、人に教える時点になって初めて、自分のたどった起業や会社運営の体験が、受講者側の必要性と重なった。起業した当時の自分に欲しかったものを、シンプルでわかりやすく、そして実際に現場で使ってもらえるように伝えることを心掛けた。

福井の本社に戻り、専務として事業継承を始める。セミナー事業や現場のコンサルティング事業を通し、起業に必要な考えを全国の商工会議所等で伝える活動をしている。

Copyright(c) 2012 soshin All Rights Reserved.